☆「自信をつけたい」と思っている限り、自信はつきません。

日本におけるライフコーチの草分け
自信のない方専属ライフコーチの林忠之です。

「自信がないから、自信をつけたい」

ボクのところには
そんなクライアントがたくさん来ます。

「自信のない方専属ライフコーチ」

そう名乗っているので当然といえば当然。

しかし、
ボクは「自信をつけて欲しい」とは
まったくもって思っていません。

本当に、もう、ゼロです。

ゼロ。

自信なんてつけようとしなくていい。

それどころか
「自信をつけたい」という意識が
ずっと「自信がない」状態を強化します。

「自信をつけたい」という言葉は、
「自分は自信がない」という前提であり
「自信がない人だ」という暗示を
かけ続けることになります。

自信があるとか、ないとか、
どうでもいいことです。

どういう状態のことを
「自信がない」と表現しているのか?

例えば、

「自分の外見が好きではない」

「自分の考えを表現すると嫌われるのが怖い」

「何かをやろうとする時、
 上手くやれない自分と出会うのが怖い」

こんな状態のことを、
オブラートに包むかのように
「自信がない」という
言葉で片付けているひとが多いんです。

自分の外見を好きになったり、
好きまでいかなくても、
「まぁ、自分はこんな感じだし
 仕方ないか、開き直って生きていくか」
と美人であることを諦めるとか(^^)

どうしても諦められなければ、
頑張ってお化粧したり、
ファッションを磨いたりもいいでしょう。

自分の考えを出して
嫌われるのが怖いのであれば、
「嫌われる場合もある」
ことを受け入れて
自分らしく振る舞ってみるとか。

そしたら、好きだよ〜、いいじゃん!
魅力的だよ〜って人も
現れることを体験すれば
嫌われてもいいかって
思えるかもしれないよね。

何かが上手くできない時には、
「不器用だなぁ」って
自分をしっかり確認して
落ち込めばいいじゃん(^^)

そもそも「自信がない」
なんて言いながら、
何でもかんでも
スルスル上手くやろうっていう
前提自体が「傲慢」だと思う。

本当は自分にはやれるはず!という
「自信がある」からこそ傷つくわけですよ。

「自信をつけたい」なんてところに
エネルギーを向けて頑張っても
「自信」は一生身につきません。

自分はブスだ!駄目だ!
不器用だ!
何でも人の3倍努力が必要だ。

でも、もう、
これが自分だから仕方ない。

こんな自分で生きていくしかない。

よし、開き直ろう。

こんな自分で勝負しよう。

どんな自分であっても、
自分らしい人生を
とことん生きてやるぜ!

そうなってくると、結果的に
あなたが思っている
「自信がある」状態になるわけさ。

キラキラしているあの人は、
決して「キラキラしよう」とは思っていない。

そんなところに意識を向けていない。

ただ、ただ、
等身大の自分を受け入れ、
そんな自分を精一杯愛し、
精一杯自分の人生を
表現しているだけだよね。

だから「自信をつけたい」をやめれば、
最速で「自信がある」状態になれるんだよ(^^)

幸せな人生の生き方は、

とってもシンプル。

本当に大切なことはシンプル。

「時間がない」が

口癖のあなたにこそ

自分と向き合う時間を

とって欲しいと願うばかり。

心が知っている

あなたらしい人生への

サインを感じて欲しい。

自分の人生と

しっかり向き合いたい方。

お待ちしています。

http://hayashitadayuki.com

☆コーチングのクライアントは、福岡県、佐賀県、長崎県、鹿児島県、熊本県、山口県、島根県、広島県、岡山県、高知県、香川県、兵庫県、京都府、大阪府、和歌山県、滋賀県、愛知県、富山県、石川県、新潟県、長野県、静岡県、神奈川県、東京都、千葉県、埼玉県、茨城県、群馬県、福島県、宮城県、岩手県、北海道、海外(カナダ・バンクーバー、フランス・パリ、イギリス・ロンドン、中国・香港、シンガポール、タイ・バンコク、ベルギー・ブリュッセル、ベトナム・ホーチミン、カンボジア・プノンペン)在住の日本人・アメリカ人・中国(香港)人・フランス人からご契約いただいています。